ボランティア活動

ボランティア活動の体験談

日本のボランティア活動の始まりとしては、1989年のロマ・プリータ地震があります。この時、NGOの支援を得て大学生を中心としたボランティア団体が現地で活躍ししました。現地では遠方の日本からボランティアが来たと感謝され、「救援はお金しか出さない」と言われていた日本がお金ではなく人的活動をしたと評価されました。この活動は日本の国際的な災害援助活動として大きな意味をもったものとなりました。

 

そして、近年では1995年の阪神淡路大震災以降、より多くの方がボランティア活動に参加するようになりました。
国もボランティア活動を行う人たちを支援する目的で、NPO法人を設立できるように法律を制定しました。NPO法人は特定非営利活動法人であることから、無償性を原則としているボランティアの活動を行うのに適した法人として考えられております。

 

本サイトでは、ボランティア活動の体験談を取り上げております。災害支援のようなものから、身近なお手伝いのようなものまで、様々な体験談を集めてみました。
ボランティア活動に参加してみたいけどどんなものなんだろう?と興味を持たれている方の参考になれば幸いです。

更新履歴


このページの先頭へ戻る